節分の豆まきで金運アップ!-金運をアップさせる行動を伝授!

スポンサードリンク

節分は必ず毎年やることで、余計な魔が通らないようにする開運の行事です。

これは、家の間取りによって多少変わりますが、やっていて損ではないでしょう。

詳しく節分についての効果を解説していきます。

 

-節分の金運アップ効果-

本来、節分とは2月4日を一年の始まるとする習慣があり、その前日に行うお祓いの儀式です。

それは、太陰暦(農耕歴)に由来しています。

この2月3日とは大晦日とされていましたが、後旧暦に合わせたので大晦日は31日になっています。

実は東洋系の占いでは、1月から2月3日までの生まれの人は、生まれ年を昨年扱いするので、生まれ持った星が変わってきます。

このように、エネルギー的にとても大切な節目なのです。

特に2月4日は、立春にあたり季節の変わり目なので鬼がくるといわれています。

そのために鬼門である東北と裏鬼門である西南に向かって豆まきをするというのは、鬼退治の一つとされています。

これは追儺といって、毎年天皇陛下が宮中をあげて疫病神など国家を脅かす魔を祓うために行われていた行事がもととなっています。

つまり国を挙げての大行事ですので、個人単位でもやれば効果倍増です。

このとき柊で目刺しにしたイワシを東北と西南に飾り付けると、鬼が入ってこないと言われています。

面白いのは宗教の解釈の違いや、鬼が名前につく家では地方によって鬼は内とする習慣もあります。

実は一節に311の震災は見事に東北から西南にかけて地震があったので、鬼が通ったのではないかと占い師や神道家などの間ではささやかれていました。

そう考えると、しっかり豆まきをすることは、必ず一年を楽しく過ごすには重要な行事でしょう。

スポンサードリンク