古代文字ルーンで金運アップ!北欧の神々が宿る不思議な力

スポンサードリンク

ルーン文字とは、ケルトのシャーマンであるドルイドや、ヨーロッパから中央アジアにかけて移動していたヴァイキングなどが使用していた、アルファベットのご先祖様に相当する古代文字のことです。

ルーンとは、ゴート語やスカンジナビア語で「神秘」や「秘密のささやき」を意味します。

古くからヨーロッパを中心とした魔術師や、魔女たちによって強力な魔術として使われてきました。

ヴァイキングは勝利のルーンを剣に刻み、それに血を塗り込めることでその効果を高めたといいます。

ときには呪いとして使われていて全滅した一家の家の基礎から、呪いのルーンを刻んだ木板が発見されたとか。

現代魔術の実践者からもそのぐらい効力は強いといわれて、カンタンなお守りとしても占いとしても愛好されてきました。

道具に刻むと効果を得やすいので、それをお財布にストラップやシールとして使ってみると良いでしょう。

 

-富をもたらすルーン フェオ-

フェオとは家畜の牛を表するルーン文字です。

大昔から家畜をどれだけ飼っていられるかが、その人の生活水準を表すステータスを意味していました。

牛は食肉や乳製品などに加工ができ、家族を養うためには売り買いをする対象として考えられていました。

そのため生活力を象徴するようになりました。

フェオは精神的に物質的に裕福さをもたらします。

それは、お金をただ貯めるのではなく、支払うべき対価を支払い、人の喜びに貢献するギフトをプレゼントするという良いお金の流れを作ることが出来ます。

たとえば、人間関係での交流で精神的な余裕を持つことが出来れば、お金が入ってきて幸せの流れを滞りなく作ることが出来るのです。

 

-良い結果をもたらす ウィン-

正しき努力をすれば這いよる魔に襲われず、必ずや収穫をもたらすウィンは果物を表すルーン文字です。

これは、ある一定のサイクルの中でしてきた努力を報われるようにしてくれます。

未熟でなく、熟れすぎず、ちょどいい実の熟し方をした果物を、適正なタイミングで収穫させてくれるでしょう。

 

-仕事を呼び込む ティール-

軍神ティールを表すルーン文字です。

これを手帳や仕事の道具に書いたり刻むと良いでしょう。

仕事運のアップによりお金の廻りを良くしていきます。

ティールは都会的でスマートな出来る男を象徴していますので、有能でありたい、または良き導きを得たい人は、このティールを使うと良いでしょう。

スポンサードリンク